コンテンツ

年齢がでる首

首は年齢がでますよね。 顔はケアによってお肌がピーンと張っているような人でも、首のたるみやシワで年齢がわかってしまうということもあります。また首は、基本的にあまり隠すことのできない場所ですよね。 首に年齢が現れやすいのは、実は理由があるのです。

首の皮膚は顔よりも薄いといわれています。 ですからハリがなくなることによって、すぐにタルミがでてしまうのです。 また首の皮膚の色は赤味が少なく、黄色っぽいことからも余計にくすんだ印象を与えるのです。 よく動かす部位ですから、シワもできやすくなっているのです。

顔のケアをするときに忘れずに、首からデコルテまでまとめてマッサージやストレッチをしましょう。 耳の下から首をそっとなでさすり、鎖骨までさがっていきます。 そのまま鎖骨の下のデコルテ部分を肩のほうにむかってなでていきましょう。

最後はわきの下のリンパ節に、流すつもりでゆっくりと行ってください。 ストレッチは、頭を倒すだけの簡単なものでも効果があります。 毎日続けるようにして、首の皮膚の老化を防ぎましょう。